STORAGE BATTERY

蓄電システム
 

蓄電システムとは

家庭用蓄電システムは、大容量の蓄電池を使い、一般家庭で使用する電気を蓄えておく装置です。 これまでも工場や商業施設などでは、蓄電システムが多数導入されてきましたが、高価でサイズも大型なものがほとんどでした。現在ではリチウムイオン電池の技術が進化してきたことにより、小型化や低価格化が進んで、一般住宅でも使用可能な性能・サイズの商品が実用化されています。

蓄電システムの役割

家庭用蓄電システムの役割の一つは、災害などで停電になった時に電気を供給する事。また、電気料金の安い夜間に電気を蓄えて、電気料金の高い昼間に電気を使うことで電気代を節約することです。さらには、太陽光発電などで発電した電気を蓄えて、必要な時に電気を供給する役割があります。2011年3月に発生した東日本大震災以降、私たちを取り巻く電力環境は大きく変わり始めています。原子力発電に大きく依存してきた電力供給も揺らぎ始めており、電気料金も値上がり出しています。電気はいつでも必要な量だけ使えることが当たり前ではなく、今後は電気を賢く使うことが重要になるのではないでしょうか。

一般住宅への普及

これまで、家庭用の蓄電システムは導入費用が高く、関心はあっても導入するのがなかなか難しいという声もありました。しかし最近では、メーカーの努力により販売価格も低下してきたことや、国・自治体などから購入を支援する補助金が交付されることもあって、一般住宅でも徐々に広まっています。